逗子なないろ保育園

逗子なないろ保育園

ごあいさつ

逗子なないろ保育園では、安全・安心・安定の中で、子どもたちがのびのびと活動できるよう援助しています。子どもも“なないろ”。
ひとりひとりの個性を尊重し、自己肯定感を育み、人間として大切な「自信を持って前向きに生きる力」が身に付くよう保育に取り組んでいます。
また、保護者の皆様の子育てをサポートし、地域の子育て支援、地域交流など開かれた保育園づくりを目指します。
<笑顔の魔法でみんなともだち>を合言葉に、職員一同、優しくあたたかな保育を心がけています。

保育士体験(講座・実習)報告

 

逗子なないろ保育園にて12月3日(月)、4日(火)と2日間、行われました。1日目の講義では「保育の今」と題して、現役の保育士が丁寧に保育の現状をお話ししました。

終始なごやかにアットホームな雰囲気の中、参加者からは質問が出るなど、とても積極的に受講されていました。

2日目の実習では、子どもたちと触れ合って遊んだり、一緒に給食を食べ実際にクラスに入って保育を体験しました。終了後には「現場の様子がよくわかり、勉強になりました。」などの感想をいただけました。

保育の仕事をしてみたいと思っている方、保育に興味がある方どなたでも参加できます。まずは体験から始めてみませんか⁈

随時受け付けています。ご連絡お待ちしています。

 

保育理念

  1. 児童福祉法に基づき、子どもの人権や主体性を尊重するとともに、子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的にすすめる
  2. 地域社会との連携を図り、全ての子育て家庭の支援を行う

保育方針

  • 安全、安心、安定の中で、子どもが伸び伸び活動できるよう援助する
  • 子どもの気持ちを受容して、自己肯定感がもてるように配慮する
  • あそびなどの体験をとおして、子どもが自分の力でよりよく生きる力が身につくよう努める
  • 保護者に寄り添い援助して、子どもの成長をともに共有する

保育目標

  • きちんとあいさつする子ども
  • 自分で考え行動する子ども
  • 友だちと楽しく遊ぶ子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 感性豊かな子ども