救護施設岡野福祉会館

救護施設岡野福祉会館

ごあいさつ

救護施設岡野福祉会館にアクセスいただき、ありがとうございます。当施設は生活保護法に規定された定員130名の救護施設です。救護施設とは、身体や精神に障害があるなど、何らかの生活上の問題のため、日常生活を営むことが困難な生活保護受給者の方が入所し、健康で安心して生活しつつ、自立を目指すために支援する施設です。

施設の環境は、都会の中でも学校や公園に囲まれた住宅地で恵まれた場所にあります。同じ敷地内に特別養護老人ホーム(パークサイド岡野ホーム)があり、地域との交流を図るため福祉友の会「泉の友」との連携により施設や地域のイベントなど、地域との「つながり」を大切にしています。

全国183ヶ所の救護施設が組織する全国救護施設協議会が進める「救護施設が取り組む生活困窮者支援の行動指針」により、生活困窮者支援のために神奈川県社会福祉協議会が行う「神奈川ライフサポート事業」に参画し、制度の狭間にいる人々の支援を行い、平成28年度から「救護施設居宅生活訓練事業」を実施し、施設利用者が外部のアパートを利用して、自立に向けた社会生活力の訓練を行っています。また「第2次行動指針」に基づく生活困窮者(施設利用者以外の地域の方々)のための「就労訓練事業」の認定を現在進めております。

今後も、利用者が地域の中で安心して生活できる施設、地域に必要な施設を目指して運営してまいりますので、皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

救護施設岡野福祉会館 施設長 石井 謙次

運営方針

法人の理念に基づき、以下の3つを掲げています。

  1. 基本的人権の尊重
  2. 地域交流との連携
  3. 職員としての意識

重点目標

  1. 居宅生活訓練事業による地域移行の促進
  2. 生活困窮者就労訓練事業の実施(平成30年1月30日認定)
  3.  「地域における公益的な取り組み」として「かながわライフサポート事業」による生活困窮者支援の継続と、新たなニーズ把握への取り組み
  4. 感染症対策・事故防止対策の強化
  5. 救護施設版評価基準ガイドラインによる第三者評価受診に向けた体制作りを図る
  6. 地域清掃活動・納涼祭・文化祭・作品展等の行事、地域住民への施設設備の開放等「地域交流事業」の継続実施
  7. 障害者雇用の促進